人生の扉

f:id:solcafe:20190426101026j:plain

私のいわゆる日記の「Sol Cafe ノート」が

今日から新しい冊になりました。

 

紐解いてみると、2013年4月15日に「9マス日記」として書き始め、

毎日書いて今に至っています。

f:id:solcafe:20190426101804j:plain

 

明日からゴールデンウィークです。

10連休の半分くらいはぽっかり空いているこの時間を、

大切にしたいと思っています。

 

大切なひとつは、家の中の整理ですが、

自分の整理も必要かなとも思っています。

 

思えば、2008年の秋に、生き方の大きな転換に遭遇しました。

大きな人生の扉が開いたのでした。

それなくしては、大人の遠足で花巻に行くような今の私は

存在していないでしょう。

 

その節目の後、カナダ赴任での厳しくも楽しくステキな経験を経て、

2012年5月19日に、「会社人から社会人」への扉を開いたのです。

 

その後は、いろんなことをやってきて、さまざまな節目がありました。

小さな扉を開けたり、扉が開いたりしてきました。

いろんなものがつながっていると感じられる、とても豊かな経験です。

 

読み返すことはないですが、この日記にそれがみんな詰まっています。

これかなと思ったら、まずやってみる、

そして続けてみる、いやになったらやめればいい、

それが大事だと思います。

やってみると、それが習慣になり、けっこう続けられます。

 

そんな中から導かれてきたのが、いまの【Sol Cafe_幸せの栖】

 

 子どもたちが自ら育っていくのを支援することを通して、
 それにかかわる人たちみんなが、
 元気で生きがいを感じて生きる場、
 『幸せの栖』をみんなと協力して創る。

 

に向かって、今自分にできることを楽しみながらやっていきます。

そのことが、またこのSol Cafe ノートに書かれていく、

これもまた楽しみです。

 

2012年以降、いろんなことをやってきた中で、

一時期、よしさんと『ベルーフ』(学生の就活支援ボランティア)

をやってきました。

 

いちばん最初に出会った大学3年生の若者が、

就職して結婚して、先日29歳の誕生日を迎えました。

彼が還暦を迎えるころにも、

私は、「幸せの栖」の受任として、

元気にやっていることでしょう。

 

社会人になってからこれまで、多くのご縁をいただきました。

9マス日記を書き始めたのも、あるご縁からです。

これからも多くのご縁ができるでしょう。

それを大切に生きていけば、ある意味それだけでいいと思っています。