温かくも刺さる言葉

f:id:solcafe:20211203204015j:plain

 

この本から、いくつかの味わい言葉を引用します。

ひらがなを漢字にしています。

特にコメントはつけません。

 

「いちばんの時間のむだって、なんだと思う?」

ぼくが尋ねると、モグラは答える。

「自分を誰かと比べることだね」

 

「覚えたことをぜんぶ忘れさせちゃう学校があったらいいのに」

 

「何かが起きたときにどうふるまうか。

それこそが、オイラたちに与えられている最高の自由ってもんさ」

 

「ほとんどすべてのことは内側で起こるのに、

オイラたちには外側しか見えないのって、おかしくないか?」

 

「自分にやさしくすることが、いちばんのやさしさなんだ」

モグラは言った。

「やさしくされるのを待つんじゃなくて、自分にやさしくなれがいいのさ)

「いちばん許すのが難しいの相手は、自分なんだから」

 

「涙が出るのは、きみが弱いからではない。強いからだ。」

 

「いままでにあなたが言ったなかで、いちばん勇敢なことばは?」

ぼくが尋ねると、馬は答えた。

「助けて」

 

「いちばん強かったのはいつ?」

「弱さをみせることができたとき」

 

「助けを求めることは、あきらめるのとは違う」

馬は言った。

「あきらめないためにそうするんだ」

 

「いちばんの思い違いは」

モグラは言う。

「完璧じゃないといけないと思うことだ」

 

「コップに水が半分しか入っていないと思う?

それとも、半分も入っていると思う?」

モグラに聞かれて、ぼくは答えた。

「コップがあるってことがうれしい」

 

「自分ではどうにもならないと感じたときは...?」

「目の前にある大切なものをじっと見つめる」