幸せ案内人①

「幸せに生きる部屋」の根底にあるのが、“自分がまず満たされる”ということ。

すべてはここからスタートすると考えている。

 

なぜそう思うのかについては、明確な答えはない。

自分の体感から生まれてきたものであり、私の接する人の多くもそう思っている。

 

私は、一昨年「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム ファシリテーター・トレーニング」を受講した。

http://www.sevengenerations.or.jp/symposium

 

「チェンジ・ザ・ドリーム」の目的は、

“地球上のすべての人が

環境的に持続可能で

社会的に公正で

精神的にも充足した生き方を実現すること“

 

受講したときに、“精神的にも充足した生き方を実現する”が、一番大事だということが直観的に出てきた。

 

環境的に持続可能で、社会的に公正な世の中をつくろうと言われても、自分でどうしたらよいかわからない。

しかし、自分で精神的に充足した生き方を実現することはできる。

 

実際に、人生最大の気づきと内なるトビラを開けたことで、自分はすでにそうなっている。

私の幸せのコップは溢れているとも言っている。

会社や家族の関係性も改善した。

 

自分が“精神的に充足する”と、まわりの人たちもそうなっていく。

その輪が広がって、地球上のすべての人がそうなる、すなわち、一人ひとりが例外なく自分が幸せだと感じることができれば、紛争・戦争する意味がなくなり世界は平和になる。

そしてその人たちによって、環境問題をはじめ世の中のすべての問題は解決されていく、そう信じてやっていけばいいのだ。