自然を楽しむ

自分の棚卸し

人間は、120歳くらいまで生きることができると言われています。 かつては、還暦60歳まで生きるのはすごいことでした。 しかし、人生百年時代がもてはやされる現代、 60歳は人生の終末ではなく、折り返し地点ともいえるわけです。 私が61歳の誕生日を迎える前…

自然の恵みをいただく(温泉と食事)

大人の遠足@花巻の最初のアクティビティ 北上川のラフティング(川下り)のあと向かった先は、 宿泊先の健考館(けんこうのやかた)でした。 そこでいただいた夕食・朝食・昼食は本当にステキでした。 Facebookのタイムラインにも毎食アップしましたが、 も…

ひとつの好きを語る

先週の大人の遠足@花巻でも、写真を撮りました。 2日目の朝、朝食前に、健考館の周りを少し歩きました。 朝食後は、釜淵の滝を見学に行ったとき、 私は周りの風景というより、どちらかと言えば、 地面や木々の葉っぱを見ていました。 自然をゆっくり歩くと…

〈Tip & Episode〉ガキ大将がいなくなった今

【引用】出典:『自分のアタマで考える子のつくり方』高濱正伸 ------------------------------------------------------------------- 一見落ち着きがなく動き回っているように見えても、 子どもたちをよく観察すると、好きなことには、 とてつもない集中力…

自然を歩くと見えてくる

今日は予定通り、御岳山・日の出山を歩いてきました。 一人でカメラ片手にゆっくりと山を歩くと、 いろんなものが目に飛び込んできます。 視覚で捉えているというより、 無意識が、生きている美しいものを捉えている そんな感覚がしています。 歩いていると…

「最期まで元気で生きる」を体現するために⑤ 自然と歩く

お正月の三が日は、駅伝を観て、歩くつもりにしていました。 普段もあまり使っていのですが、 特にお正月は、頭を使いたくなかったのです。 元旦は実業団駅伝を見て、昭島駅の北界隈を散歩。 2日は、箱根駅伝往路を観て、昭島駅の南界隈を散歩。 そして、地…

目くそ鼻くそ

今日道を歩いていると、住宅街のブロック塀の下にあるコケに、 こんなにも可憐な花が咲いていました。 とってもきれいです。 この一つ一つの花に優劣はあるのでしょうか? これを見たときに、気づかされることがあります。 日々私たちがこだわっていることが…

ご縁によって得られる健康

いま私は、健康でいられることに 感謝の思いでいっぱいです。 それは自分でつくったというより、 さまざまなご縁によって いただくことができたものだと思います。 もともと歩くのが好きです。 そして自然が好きです。 自然を歩いては写真を撮ります。 そし…

”期待するを手放す”初心回帰

今日出会った虫たちのようにいかない自分がいるな! そう感じています。 銀行に用事があって行くと、かなり待つことになりました。 そろそろ順番というときに、突然携帯が鳴り、それは母からでした。訳がわかっていない電話でした。そこには落胆した自分がい…

たかがシロツメクサ、されどシロツメクサ

2度目の成人式からつながっています。 あの時以来、これからの成人人生をどう生きるかに向き合い、これまでとは違った行動をしています。最近、ある種のモードに入ってきた感覚があります。このブログの書き方も変わってきたし、このこれから投稿の頻度も少…

あったものがない生活の中から

ここしばらく、あったものがない生活を送っています。 収入がない その日にやるべきことがない 通うところがない 定期券がない 特に予定のない今日のような日には、ある種の空虚感が漂う感じです。 これでいいんだろうか? これからどうなっていくんだろうか…

活動的な春に向けて

『もっと「脳にいいこと」だけをやりなさい! 確実に自分を変えていく法』(マーシー・シャイモフ)に書かれていることをシェアします。 身体に真の栄養を与える方法の一つが、 「毎日味わう喜び、うれしさ、楽しさの量を増やすこと!」 です。 当然もう一つ…

地に足をつける時間

まだ読みかけですが、こういう本を読んでいます。 『もっと「脳にいいこと」だけをやりなさい! 確実に自分を変えていく法』 (マーシー・シャイモフ) そこに書かれていたものを今日のTipで引用しました。 ---------------- 地に足をつけて生きるための方法…