同僚への置き土産①

8/17 16-18時の2時間をフルに使って、会社の会議室で、私の想いとこれからの生き方を伝えることができた。 とてもありがたいことに、国内の販社(浜松町)からも、参加したいとわざわざ来てくれた人がいて、その人を含め、現所属グループで都合のつく11人が…

人間らしく豊かに生きる

今日は渋谷で、特別なお話を聞いてきました。 そこで得たものは、一言でいえば、”SOL Cafe 幸せの栖でやろうとしていることは、それでいいんだ、どんどん行きましょう”と、背中を押してもらった感じでした。 昭島に帰って、いつものテニスセンターのイチョウ…

木になってみる

あなたは木の種です。 小さな木の種は地面に落ちて、その上に落ち葉が重なっていきます。 雨が降り、少し冷たくはありますが、心地よい湿り気を体に感じます。 小さな種にエネルギーがみなぎり、それが根となって、地面に潜っていきます。 頭の上は、冬の寒…

置き土産を考える

定年退職日まであと1か月を切っているいま、ちょっと停滞感があるようにも感じている。 それは、ある意味、納期に追われ、効率化を求められた会社人生が長かったせいであるのかもしれない。 いまは、究極の目的があるだけで、特に直近や短期の目標があるわけ…

血液をきれいにする

血管と血液をきれいにするのがハーブ・デトックス。 それに相通じるものがあって、興味を持って読んだこの本ですが、言い切る明快さが心地よい感じです。 森下敬一博士、御茶ノ水クリニック、森下自然療法は、そこそこの実績を納めているようです。 http://m…

いくつになっても、はじめる

日野原重明さんの本を、3冊続けて読んでみた。いい言葉が満載だ。 特にこの本は、タイトル自体がTipになる。 ここ数日で、FacebookのSOL CafeページのToday's Tipの日野原さんのネタが10個を超えている。それ以外にもたくさんあるので、さてどうしよう? こ…

ビューティフルライフ・サイクル その2

6月に書いたビューティフルライフ・サイクルを形にしてみました。 そのときにも同じものをボールペンで書いていはいたのですが、今日は画用紙にプロッキーで描いてみました。それぞれの丸には先があって、それが幸せの栖の一つ一つの抽斗になると思います。 …

Pay It Forward

『共創を生みだす部屋』の住人を、「ご縁案内人」としたのは、ご縁を率先して大切にしたいと思っているからです。 この部屋に今日初めて足を踏み入れてみようと思ったのは、『いのちの使いかた』(日野原重明)を読んで響いたところがあったからです。ほんの少…

幸せに生きるための育自

今朝のFacebookに、こう書きました。 ---------- 今日はゆっくり、幸せの栖の部屋にあるタンスの引き出しを見える化する作業に取り掛かろうと思っています。今日も実りある1日となります。 ======= 今週は会社の夏休みで、特に今日明日はゆっくりと深めてい…

感動が健康を促進する

先の投稿で引用したのが、『老いるほど血管が強くなる健康法』(南和友)で、そこには、血管力を高める3つのポイントが書かれています。 心臓をケアした運動で血液循環を良くする 感動を味わい、自律神経を鍛えて血管の柔軟性を保つ 老けない血管をつくる食…

夢をかなえる1-2-3の法則 伊那食品工業のケース

現在まだ受講中のドリームマップ。 その肝である【夢を描く① 夢をかなえる1-2-3の法則】について考えてみた。 最初の題材は、私の好きな会社、かんてんぱぱの伊那食品工業。 最初としてはちょっと固いけど、勉強になってよかった。ホームページの経営理…

自分の習慣が、他人の幸せにつながるお役に立てるとしたら

FacebookのSOL Cafeページで、平日はほぼ毎日投稿している「気まぐれToday's Tip」、どれだけの人が読んでいるのかわからないけど、何人かの人から”いいね”をもらったり、時々コメントをもらったりする。Tipによって、”いいね”を押している人が違ったりする…

とりあえずの見取り図

ここまで書いてきて、『幸せの栖』のとりあえずの見取り図ができてきた。 SOLのあり方としては、 「ビューティフルライフ・サポーター」 「場づくりコーディネーター&ファシリテーター」 でありたい。 その活動の場としての部屋があり、そこにはその場の担…

未来案内人

幸せに生きる部屋(幸せ案内人・幸せ伴走者)、健康をつくる部屋(健康案内人)、自然を楽しむ部屋(自然案内人)と書いてきて、残っているのが、未来を語る部屋(未来案内人)、共創を生み出す部屋(ご縁案内人)である。 共創を生み出す部屋については、今…

自然案内人②

私は、今年のGWに2日間の養成講座に行っただけで、まだほとんど勉強していないけど、ネイチャーゲーム・リーダーでもあります。 http://www.naturegame.or.jp/qualification/l-about/ 実は、SOL Café_幸せの栖で名づけた「○○案内人」は、ネイチャーゲーム・…

自然案内人①

人間自体は本来自然の一部なのだから、自然に親しむことが、人間らしい人生を生きるためには必要不可欠だと思っている。 人間は、自然の中にあるとき、自分が人間であることを感じ、喜び、感謝する。 もしそれを忘れている、ないしは久しく感じていないとす…

健康案内人⑧

健康をつくるのは、なにもハーブ・デトックスだけではない。 他にも、自分でいいなと思って続けていることがある。 ひとつは歩くこと。 よく歩くのは間違いない。平日も会社を抜け出して歩く。残念ながら、場所柄、コンクリートジャングルがほとんどだけど。…

健康案内人⑦

ハーブ・デトックスについては締めくくると昨日書いた矢先だが、もう一つ付け加えることにした。 私の身近にもある発達障害だが、近年増えているように感じていて、なぜ、増えているのかを今日ネットで調べていた。 正確なことはわかっていなくて、推測がほ…

健康案内人⑥

南和友さんの言われるように、血管力を高めるためには、①運動 ②感動 ③食事がある。 しかし、長年の不摂生で、血管がつまって相当固くなっている私たちにとって、この3つを効果出るまでやり続けることは、変な話だが「死ぬ覚悟」くらいの覚悟が必要かもしれな…

健康案内人⑤

血管のつまりが取れて血管が柔らかくなっても、血液が酸化してドロドロでは、栄養素や酸素を体中に運ぶことはできない。酸化したドロドロの血液を弱アルカリ性にするためには、葉緑素であるクロロフィルAが有効。因みに、このクロロフィルの造血作用の発見に…

健康案内人④

2回に分けて、南和友さんの本を引用した。 いくつものキーワードがあるが、今回は血管をきれいにするNO(一酸化窒素)に注目してみたい。 実は、人は若いうちは、血管の内皮から一酸化窒素(NO)というガスを発生させることで、血管の詰まりを取り、血管を柔…

健康案内人③

あと少し『老いるほど血管が強くなる健康法』(南和友著)から引用する。 --------------- 血管を若返らせる物質NO(一 酸化窒素) 上の血圧(収縮気圧)と下の血圧(拡張気圧)の差が脈圧。 脈圧が大きいほど拍動流になるため、血管にはよい。 脈圧が上がる…

健康案内人②

ハーブ・デトックスの詳細に触れる前に、すこし、『老いるほど血管が強くなる健康法』(南和友著)に書かれていることで、「体によいこと」についてのお勉強をしてみたい。 2回に分けて、大切だと思われるところを引用していく。 まず、前書きにこのように書…

健康案内人①

適度な運動が体によいこと、体によいものを食べることが大切なのは、誰もが知っている。 でも、なかなか、それを続けることはむずかしい。 自分は、普通よりはこれを実行してきたと思っている。 特によく歩いている。歩くのが好きだから苦にならない。 おか…

幸せ案内人④

自分が幸せであると感じるためには、まず「自分とは何かを知る」必要があると思っている。 そう思うのは、自分の転機となった経験に加え、数年前、就活のお手伝いをしていた時、見よう見まねでやった「人生曲線」の体験があるから。 初参加の時、たまたま学…

幸せ案内人③

「ブラックエンジン」と「ホワイトエンジン」というのがある。 「ブラックエンジン」とは、不安や恐れやプレッシャーなどによる動機。 このままでは会社をクビになって生活できなくなる。 失敗したらまわりにどう思われるか考えると恐ろしい。 「ホワイトエ…

幸せ案内人②

「幸せ案内人」として案内するのは、“自分が満たされる”場所。 顧客満足度向上ということがよく言われるが、顧客に接しているのは従業員であることの本質が忘れ去られていることが多い。 疲弊していたり、不満を持っている従業員から、心のこもったサービス…

幸せ案内人①

「幸せに生きる部屋」の根底にあるのが、“自分がまず満たされる”ということ。 すべてはここからスタートすると考えている。 なぜそう思うのかについては、明確な答えはない。 自分の体感から生まれてきたものであり、私の接する人の多くもそう思っている。 …

ビューティフルライフ・サイクル

SOLの体感から、『ビューティフルライフ・サイクル』をつくってみた。 「自分は幸せだと感じる」への3つのステップの1. → 2.は“幸せ伴走者”としてできることをする。そして、2. → 3.は、“幸せ案内人”として、見方を変えるお手伝いをしたい。 幸せのコップに…

幸せ伴走者

「自分を取り戻せていない人」のためにできることは? 自分を取り戻すとは、本来の自分を知り、その姿に戻るということ。 生きることがとても辛いと思っている人、人間関係で辛い思いをしている人、楽しい人生が想像つかない人、心に錘を感じている人、トラ…

「自分は幸せだと感じる」への3つのステップ

それぞれの部屋に入っていく前に、“どういう人のために何をしたいのか”を考えている。 SOL Caféのテーマ「人間らしい豊かな人生を生きる」は、『自分の人生を語る』に書いた、自分自身の“会社人から社会人へ”の体験から出てきている。 『最高の居場所』や『…

自分の未来を語る③

“馬を水飲み場まで連れて行くことはできるが、水を飲ませることはできない” という言葉がある。 SOLにできることは限られている。 それがわかるからこそ、SOLはそれらの部屋への案内人であり、その部屋で一緒に学んでいく伴走者でありたいと思っている。 「…

自分の未来を語る②

これまでの経験から、自分にできることは、人間らしい豊かな人生を生きるための 「ビューティフルライフ・サポーター」 「場つくりコーディネーター&ファシリテーター」 だと思っている。 『特定非営利法人はたらく場研究所 – 最高の居場所』でやっているの…

不自然さ

自分の未来を語るから、ちょっとわき道に逸れます。 「人間らしい豊かな人生を生きる」とは何かというと、「本来の自然さを取り戻す」ということです。 本来人間は自然なものなのに、社会が不自然になるにしたがって、個々人も不自然になってしまっていて、…

自分の未来を語る①

様々なワークショップの体験を通して、究極の夢も描くことができた。 それをSOL Caféのビジョンに反映している。 そうすることで、自分の立ち位置、あり方も徐々に見えてきた。 自分にできることは何かを考えたとき、何もできないなとしか思えない。 できな…

自分の好きなことを語る③

好きなことを意識していなかったとき、意識は外を向いていた気がする。 そして、世の中で起こっていることに、意見を言っていた。 起こっていることに対して、ああすべきではないとか、こうすべきだとか、正しくはこうあるべきだとか。 自分は正論を述べてい…

自分の好きなことを語る②

人生を語る⑤で触れた「グルメでSOL Café」も好きなこと。 それは何かというと、言ってしまえば、おいしいものを食べて対話することだが、ちょっと条件がある。 ・素材にこだわったおいしい料理 ・シェフの心のこもった料理 ・おいしいお酒(特にワイン) ・…

自分の好きなことを語る①

あなたの好きなことは何ですか? あなたの大切なものは何ですか? 会社人人生では、そんなことを考えたこともなかった。 考えても、首をかしげるだけだろう。 昔から、なんでもそこそこうまくできた。 でも、特にこれが得意とか、これが好きで時間を忘れると…

自分の人生を語る⑤

最高の居場所、ファシリ塾などで人間関係が豊かになると、「外なるご縁のトビラ」が、パタパタと開いていくことを体感することができた。 ファシリ塾のおかげでSOL Caféを始めることができた。 仲間が背中を押してくれて、参加してくれて始まった。 そして、…

自分の人生を語る④

決断して、第一歩を踏み出したことで、行動が変わった。 すなわち、 時間の使い方が変わった 活動の場が変わった 付き合う人が変わった 自分の大切なものが変わったというか、それに気づいた ということ。 それからは、ご縁を大切にすることで、人間関係が豊…

自分の人生を語る③

次に行く前に、ちょっとわき道に逸れます。 人生100年といわれている今日ですが、80歳まで生きるとしても、60歳定年後の自分の人生の時間は長いんです。決して余生ではないんです。 大学を出てすぐ就職し、60歳で定年退職するとしたとき、その38年間の会社人…

自分の人生を語る②

気づきを得て、意識が変わった。 意識が変わると、問いが立つ。 3年弱のカナダへの単身赴任を終えて帰国後、半年たった2012年5月19日に、自分で「内なるトビラ」を開けた。 それは、「会社人から社会人へ」の第一歩だった。 それまではずっと会社の中に閉じ…

自分の人生を語る①

『育自のための小さな魔法』の3つのワークのテーマをいただいて、この流れで今日から書いていきます。改めて、書くって大事だなと思いました。書きながら、頭が整理されていく感じを味わっています。3つとは、「自分の人生を語る」「自分の好きなことを語る…

ブログを始めるに当たって

8月末までの「会社人」生活の残りも、あと3カ月を切ってきた。 これからはSOLの「本当の人生」を生きようと思っているだけで、まだ、何も具体化はしていない。 不安はないとは言えないが、それは心地よい不安といっていい。 自分の思いを実現するために、 自…